国分寺の薄毛女子高生

昨日のことでしたが、中央線沿線の国分寺駅のあたりを歩いていたところ、横断歩道の向こう側に女子高生がいました。それ自体はとくに珍しいことではないのですが、ひとつとても目立ったことがあって、なんとその女子高生は薄毛だったのです。顔立ちはそれほど悪くなく普通だったかと思うのですが、いかんせん頭のことばっかり気になってしまい、顔の印象は全くありません。

最近、女性でも薄毛って流行している気がします。ああいうのは先天的なものなのかは分かりませんが、まだ若い、ということで遺伝的な要素も大いにあるのでしょう。わたしの高校時代の友人でも、全然お風呂に入らなかったり、食生活がおかしい人でも薄毛というのはさすがになかったです。

薄毛の原因は男性ホルモンだとも言われていますが、では毛深い人はみんな頭が薄いのかといわれればそうでもないので、いくら原因を探したところで結局はわからないのでしょう。それだけに特効薬が待たれるところですが、女性専用の育毛剤というのも最近は珍しくありませんので、薄毛に悩んでいる女性は試してみても良いかもしれませんね。

肌に潤いを与える保湿方法

女っぷりをあげるには、肌に潤いを与える保湿が大事になってきます。乾燥対策をしっかりする必要があります。スキンケアの基本は保湿で、肌に必要な潤いの水分と油分を与える役割があります。肌の潤いは、潤いを保持する3つの保湿因子で保たれていますが、保湿因子は、乾燥や加齢、紫外線の影響などで減少します。保湿因子が減少すると肌は乾燥しやすくなり、乾燥は、しわ、たるみ、シミを作る原因になります。そのため、普段から、肌に潤いを与える保湿ケアが大事になってきます。肌に潤いを与える保湿方法は、デイリーケアでしっかり保湿化粧品を取り入れることです。肌に潤いを与えるには、普段から、保湿成分が配合された化粧品をきちんと取り入れることが大事です。おすすめの成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンです。女っぷりをあげたいなら、スペシャルケアとして、エステやクリニックでトリートメントを受けると良いでしょう。エステやクリニックなら、肌の角質層まで浸透させることができる機械があるので、プロによる本格的な施術を受けることができます。